Tweet English

Egaroucid 技術資料

ベンチマーク

Egaroucidの性能の確認として2種類のベンチマークを使用しています。1つ目はThe FFO endgame test suiteです。これは、終盤の完全読みにかかる時間に関するベンチマークです。2つ目は対戦です。Egaroucidの過去バージョンの他、他の強豪オセロAIとの対戦として、Edax 4.4とも対戦しました。単純に評価関数の強さを計測するため、bookを使わず、XOTという初期局面集を用いて対戦させました。

The FFO endgame test suite

終盤探索は、以下3つの指標で評価しています。

ユーザにとって一番重要なのは計算時間です。決まったテストケースを処理するのにかかる時間を秒数で表します。ここではThe FFO endgame test suiteの40から59番のテストケース(20から34手完全読み)にかかる時間を使いました。これは減ると嬉しい値です。

計算時間を短くするには、まず(厳密に)無駄な探索を減らせば良いです。無駄な探索が多いと訪問ノード数(探索した盤面の数)が増えます。これも減ると嬉しい値です。

計算時間を短くするためのもう一つの観点は、1秒あたりのノード訪問回数を上げることです。これはNodes Per Secondの頭文字を取ってNPSと言われます。これは上がると嬉しい値です。

以下はThe FFO endgame test suiteの40から59番をCore i9 13900Kで実行した結果を、バージョンを横軸に取ってグラフにしたものです。

XOTによる対戦

オセロAIの強さを評価するためには、対戦するのが一番でしょう。ここでは、各バージョンにEdax 4.4を加え、総当たり戦をした結果を掲載します。

対戦はレベル1(中盤1手読み、終盤2手完全読み)で行いました。

対戦にはそれぞれXOTの進行を初期盤面として使い、各進行では先手後手それぞれ1回ずつ対戦させています。

名称勝率
6.5.00.6338
6.4.00.5306
6.3.00.4425
6.1.00.5450
Edax0.3481

対戦の詳細はこちら

Egaroucid 6.2.0はEgaroucid 6.3.0と同一の評価関数のため、省いています。

バージョンごとの詳細

各バージョンのベンチマークを公開します。上で載せなかった古いバージョンのベンチマークもあります。

こちらの詳細はバージョンごとに少し条件が違うものもありますので、詳細はそれぞれのページをご覧ください。

バージョンリリース時期
6.5.02023/10/25
6.4.02023/09/01
6.3.02023/07/09
6.2.02023/03/15
6.1.02022/12/23
6.0.02022/10/10
5.10.02022/06/08
5.9.02022/06/07
5.8.02022/05/13
5.7.02022/03/26
5.5.0/5.6.02022/03/16
5.4.12022/03/02

技術解説

日本語のみでEgaroucidの技術解説を書きました。のんびりと追記します。

棋譜公開

Egaroucidによる自己対戦で生成した棋譜を大量に公開しています。詳しくは棋譜公開をご覧ください。