Tweet English

Egaroucid for Console

OSによって操作が異なります。WindowsとLinux、MacOSに対応しています

Windows

zipファイルをダウンロードして解凍するだけで使用可能です。なお、Linux版の手法を使って手元でコンパイルするとお使いのパソコンに最適化できるためパフォーマンスが上がる可能性があります。

ダウンロード

以下から自分の環境に合ったものをダウンロードし、任意の場所に解凍してください。実行ファイル(Egaroucid_for_console.exe)をコンソールから実行すると起動します。

Egaroucidはx64のSIMDバージョン(AVX2を使用)に最適化して作っていますが、こちらは概ね2013年以降のCPUでないと動作しません。その場合にはSIMDを使用していないGenericバージョンを使用してください。また、AVX-512に対応したCPU (Intel Core iシリーズの第7から11世代など) をお使いの場合はAVX512版の方が高速に動くかもしれません。

OS CPU 追加要件 リリース日 ダウンロード
Windows x64 (標準) AVX2 (標準) 2024/06/06 Egaroucid for Console 7.1.0 Windows x64 SIMD
Windows x64 (標準) AVX-512 2024/06/06 Egaroucid for Console 7.1.0 Windows x64 AVX512
Windows x64 (標準) - 2024/06/06 Egaroucid for Console 7.1.0 Windows x64 Generic
Windows x86 - 2024/06/06 Egaroucid for Console 7.1.0 Windows x86 Generic

過去のバージョンや各バージョンのリリースノートはGitHubのリリースからご覧ください。

Linux / MacOS

cmakeでビルドするか、直接g++を使ってビルドすることができます。

下記リンクからコードをダウンロードし、任意の場所に解凍してください。

リリース日 ダウンロード
2024/06/06 Egaroucid for Console 7.1.0 ソースコード

cmakeでビルド

ディレクトリを移動します。

$ cd Egaroucid

cmakeでビルドします。

$ cmake -S . -B build [options]

このとき、[options]には以下のオプションを入れられます。

状況追加するオプション
AVX2(相当)を使わない場合-DHAS_NO_AVX2=ON
ARMプロセッサで動かす場合-DHAS_ARM_PROCESSOR=ON
32bit環境で動かす場合-DHAS_32_BIT_OS=ON
AVX-512が使えるCPUの場合-DHAS_AVX512=ON

$ cmake --build build

これでビルドができます。Egaroucid/binフォルダの中にEgaroucid_for_Console.outができましたので、以下のコマンドで実行できます。

$ ./bin/Egaroucid_for_Console.out

g++でビルド

以下の条件を満たしてください。

ディレクトリを移動します。

$ cd Egaroucid

g++コマンドにてコンパイルします。出力ファイルは任意の名前で構いません。

$ g++ -O2 ./src/Egaroucid_console.cpp -o ./bin/Egaroucid_for_Console.out -mtune=native -march=native -mfpmath=both -pthread -std=c++17 [options]

このとき、[options]には以下のオプションを入れられます。

状況追加するオプション
AVX2(相当)を使わない場合-DHAS_NO_AVX2
ARMプロセッサで動かす場合-DHAS_ARM_PROCESSOR
32bit環境で動かす場合-DHAS_32_BIT_OS
AVX-512が使えるCPUの場合-DHAS_AVX512

実行します。

$ ./bin/Egaroucid_for_console.out

使い方

$ Egaroucid_for_Console.exe -help

を実行すると使えるオプションやコマンドが確認できます。

フォルダ構成

Egaroucid for Consoleはいくつかの外部ファイルを必要とします。上記の方法でダウンロードやコンパイルした場合には特にエラーなく動きますが、もし動かなくなった場合にはフォルダ構成を確認してください。

book形式の変更について

Egaroucid for Consoleはバージョン7.0.0からbook形式を変更しました。新しいbookの拡張子は.egbk3で、標準ではresources/book.egbk3というbookを読み込みますが、古い.egbk.egbk2形式のbookも読み込むことができます。標準以外のbookや古いbookを使いたい場合はEgaroucid_for_Console.exe -book [bookファイル名]として起動してください。

Go Text Protocol (GTP)対応

GTPは囲碁向けに作られた通信プロトコルですが、これを用いてオセロが使えるソフトウェアがいくつか存在します。Egaroucid for ConsoleはGTPに対応していますので、これらのソフトウェアから呼び出すことが可能です。

GTPコマンドを使う場合には

$ Egaroucid_for_Console.exe -gtp

を実行してください。

WindowsにてGoGuiを用いた動作確認を、UbuntuにてQuarryを用いた動作確認を行いました。

GoGui

GoGuiはWindowsにてバージョン1.5.1を使って動作を確認しました。これ以外のバージョンのGoGuiでの動作保証はできていません。

GoGuiでの動作画面は以下のようになります。

まず、プログラム>新規プログラムからEgaroucidを登録します。その際、コマンドには-gtpを追加し、ワーキングディレクトリはEgaroucidの実行ファイルがある場所にしてください。

そして、プログラム>プログラムを起動から追加したEgaroucidを選択することでEgaroucidを起動できます。

GoGuiにおいては、盤面の行が上下反転しているので、表示>Board Orientation>Flip Horizontallyを選択すると修正できます。

Quarry

Quarryでの動作画面は以下のようになります。

New GamePreferencesからManage Engine Listを開き、Egaroucidを追加します。このとき、コマンドに-gtpを追加してください。

手番を選択してゲームを開始するとEgaroucidが起動します。